株式会社 理学相原精機

環境活動

環境への取組

2008年12月にはKES環境認証[KES登録番号:KES2-HI-0189]を取得。環境にやさしい企業経営の実現に取り組んでいます。

 

2011年10月。私たちは新本社工場建設に際し、新工場建設コンセプトの一つに、”ECO・PLANT”を掲げ、環境にやさしい工場を目指しました。

新本社工場では全照明に、LED照明を採用。従来の蛍光灯や水銀灯を使用した場合に比べ、

消費電力15.51kwh(約53.2%)を削減いたしました。

これはCO2換算 約13.1トン/年 杉の成木 約931本 が吸収するCO2量に相当します。

 

環 境 宣 言

基 本 理 念

株式会社理学相原精機は、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、社会を構成する一員として環境負荷の低減に努めることを宣言いたします。


方 針

株式会社理学相原精機は、分析装置及び検査装置、部品の設計、製造、販売に係るすべての活動、製品及びサービスの環境影響を低減するため、次の方針に基づき環境マネジメント活動を推進して地球環境との調和を目指します。


  1.  当社の経営及び生産、販売に係る環境影響を常に意識し、環境汚染の予防を推進するとともに、環境マネジメント活動と経営の効率化を両立させ、継続的な改善活動を行ってまいります。
  2. 当社の活動、製品及びサービスに係る環境関連の法的事項を順守します。
  3. 当社の活動、製品及びサービスに係る環境影響のうち、以下の項目を環境管理重点テーマとして取組みます。

    1. ) 電力使用量の削減
    2. ) 産業廃棄物発生量の削減
    3. ) 資源の再利用等、省資源化の推進
    4. ) 工場内外の整理整頓による啓蒙活動。(5S活動の推進)
    5. ) 工場周辺の清掃等啓発活動

  4. 一人ひとりが環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、この環境宣言を全従業員に周知するとともに社外へも公表します。
  5. 一人ひとりが地域社会においても環境負荷低減活動を積極的に実践できるよう、社内における啓蒙活動を推進し、環境改善活動に積極的に参画するよう務めてまいります。

上記の方針達成のために、目標を設定し、定期的に見直し環境マネジメントシステムを推進します。


制定日2008年5月20日


株式会社 理学相原精機 代表取締役 相原章彦


▲top