株式会社 理学相原精機

会社概要

経営指針

私たちは、ローテクなハイテク製品の創造を目指しています。当社は、「製造業の本分を忘れず、いたずらに事業規模の拡大を求めず、時勢に流されず。」を事業の指針とし、業界・製品・技術共、非常に狭い分野に特化してまいりました。しかしながら、21世紀を迎えた今日、幸いなことに我々が携わってきた分野と技術はその重要性を失わず、益々の研鑚を要求されております。
私たちは常に、次のことを念頭に置いて会社の運営を行っております。
  • 私たちは製造会社です。営業やサービスだけで対価を得るのではなく、製品を造って社会に貢献する基本 を忘れてはなりません。
  • 私たちは自分たちの持つ技術に基付いて物造りを行います。自分たちが技術的に全く関与できない、理解できない製品を100%外部に委託したり、利ざやを稼ぐような商売 はいたしません。
  • 流行の商売、儲かる商売に惑わされてはいけません。我々の本業から外れていない か、我々の技術・能力が活かせる か、自らの能力の範囲で責任を負える か、常に我々がそこに存在する価値 を考えなければなりません。
  • 私たちは製品と一緒に、技術やサービスをも提供する会社を目指します。そのために、私たちは顧客様に対し良きアドバイザーまたはパートナーとなるべく、私たちの専門分野とコア技術 を持たねばなりません。

 

 

 

 

                            本社工場                                  瑞穂工場


会社情報

商号 株式会社 理学相原精機(かぶしきがいしゃ りがくあいはらせいき)
創立 1963年(昭和38年)10月
所在地 【本社・工場】
〒190-1222
東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎東松原2番24

【瑞穂工場】
〒190-1232
東京都西多摩郡瑞穂町長岡3丁目10番地5号
資本金 発行済株式数50,000株(額面500円)
払込資本金25,000,000円
主要株主 1.株式会社ハムロン・テック 2.松井紀子 3.株式会社リガク
代表/役員

代表取締役 相原章彦
取締役 相原久美子
取締役 澤田 肇

取締役 横澤 裕
監査役 神山尉

事業規模 年商 約964,063,000円(平成25年度実績)
社員数 約60名
取引銀行 三菱東京UFJ銀行(立川支店)
株式会社商工組合中央金庫(八王子支店)
西武信用金庫(羽村支店)
営業内容 理科学機器の設計・製作
決算期 4月30日
関連会社 株式会社ハムロン・テック(株式87.5%取得)
主要お取引先

株式会社リガク

株式会社日立ハイテクノロジーズ

株式会社日立ハイテクフィールディング
株式会社日立製作所(中央研究所)
財団法人高輝度光科学研究センター
独立行政法人理化学研究所 播磨

大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構
独立行政法人日本原子力研究開発機構

独立行政法人物質・材料研究機構

国家同歩輻射研究中心

国立大学法人京都大学

国立大学法人茨城大学

国立大学法人九州大学

国立大学法人大阪大学

国立大学法人岡山大学

東京理科大学

日本通信機株式会社

横河マニファクチャリング株式会社

株式会社ブイ・テクノロジー
株式会社ハムロン・テック
他( 平成25年度実績 敬称略、順不同)

(2014/4/末現在)

 

 

▲top




会社沿革

1963年

(昭和38年)

創業者 相原久直が、理学電機株式会社(現 株式会社リガク)を退職。同社ご支援により、東京都西多摩郡羽村町(現 羽村市)に[羽村精機製作所]を創業。

1973年

(昭和48年)

自社製品の事業化に伴い自社製品開発部門を分離、[株式会社ハムロン・テック]を設立。

1975年

(昭和50年)

羽村精機製作所を発展的に解消。資本金1000万円で、[株式会社羽村精機]を設立。

1976年

(昭和51年)

創業者逝去に伴い、理学電機株式会社への貢献を記念し社名を[株式会社理学相原精機]に改称。株式15%を理学電機株式会社に譲渡。

1979年

(昭和54年)

資本金を2500万円に増資。

1980年

(昭和55年)

福生市武蔵野台に新社屋完成。本社工場移転。

1989年

(平成元年)

本社工場隣接地を取得し、本社工場拡張。

1998年

(平成10年)

西多摩郡瑞穂町に新社屋完成。瑞穂工場開設。

2006年

(平成18年)

部品調達・加工部署を本社工場、組立配線部署を瑞穂工場に統合。

2008年

(平成20年)

HI-KES環境認証取得

2011年

(平成23年)

西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎に新社屋完成。本社工場移転。

▲top




生産設備

当社は少数の人員ながら、設計から製造までの一貫した物造りを目指しております。自社内に加工ショップを持ち、組立配線はもちろん外注や購入部品の調達まで各セクションに専属の人員を配置しています。常時200社以上の協力会社とお取引をしており、仕様書1枚、図面1枚から完成品をお客様にお届けすることを目標に、生産体制の整備を図っています。

 


 

主要設備
名称 土地 建物 床面積 主要設備
本社・工場 1467㎡ 682㎡ 1400㎡ 2Dおよび3D-CAD
自動プロ
縦型マシニングセンター 3台
CNCフライス 1台
NC旋盤 2台
研削盤 2台
汎用加工機(フライス・旋盤)
瑞穂工場 1650㎡ 825㎡ 1155㎡

組立用クリーンルーム(Class10000~20000相当)
クリーンブース(Class 100相当)
組立用ワイヤーホイスト2t×2基
真空設備 TMP/RP/Heディテクター/真空計他
振動特性評価装置(FFT・加振機・加速度センサー)
日立走査型電子顕微鏡 S-3400N Type1

光学・工具顕微鏡
大型定盤(1500×2000)精密級×2台
超音波洗浄器


▲top

【本社工場】

 

 機械加工場

 

 生産管理センター             技術部

 

 打ち合わせホール            カンファレンスルーム

 

【瑞穂工場】

 

 クリーンルーム

 

 汎用組立作業場              重量物組立作業場

 

 光学顕微鏡                 走査型電子顕微鏡